育児も仕事もできてしあわせ。

夫と二人の子どもと過ごす日常の記録です。ワークもライフも楽しむには自分の気持ちも大事。そのための記録。

【イベント】HUG Tokyo 2012 に参加しました。

3月31日に開催されたHUG Tokyo 2012 に参加してきました!

主催されたいちのせきさん id:Ichinoseki にはてなブログへご招待いただいて始めた自分としては、やっぱり参加したかった!ようやくお会いして、ご挨拶もできました。

実は、当初はWLB関連のイベントだと勘違いしてました(笑)
いちのせきさんって(良い意味で)すごく「イクメン」を全面的に押し出している印象だったので、はてなとなにかやりたい日記というタイトルを見たら、はてなをあまり使っていない子育て世代(わたしの周りだけかもしれないけれど)に対して、はてなでこんなことできるよ!つながるよ!的な話かと。
(子育てブログってアメブロが多いイメージなんです、勝手に)
実際には、「はてな村の寄合」でした。
と、みなさんが言ってました。「はてな村」って今回初めて知りましたよー。

でも、とっても楽しかった!
ワールドカフェって二度目の経験でしたが、やっぱり楽しい。
もちろん講演もすごく興味深くて、メモを取りながら聴かせていただいたのですが(あとで別に感想書こうかな)、自分が参加して、まったく違う立場の人と笑顔で盛り上がれるってすてきだな、って改めて思いました。
ラウンドに参加されなかった主催の方が気の毒なくらい、盛り上がってました(笑)

テーブルについて話した方のほとんどは、はてなの中の人とか、ライターさん、アプリ開発の方など、ネットも端末も使いこなしている方ばかり。
IT関連の仕事をしていないわたしは、あまり接点がない相手とたくさんお話しました。
テーマはオープンインターネット。
みなさん本当に詳しくて、たくさん解説を聞かせていただいたのですが、あまりネットに詳しくないわたしが思った話もいっぱい共感していただいて、すごく嬉しかったし、立場が違っても同じテーマで話せるって良いな、と感激しました。
印象に残ったのは、実名に抵抗がない人が多いという反面、そことは別にやはり匿名でも発信できる場が欲しい人もたくさんいるということ。
実名、もしくは広く知られたユーザ名をわざわざ使わなくても、同じ属性の人と共通の話題で盛り上がれる場が役に立つこともあるんだなって。
オープンか、クローズかって同じ場でも人によって印象は違ったりしますが。

もちろん、ワールドカフェという手法が良かったこともありますが、なによりもはてなユーザの方ってみんな温かいということが一番だったのかな。
はてな歴が浅くても、ネットに詳しくなくても、その相手の話は一生懸命聞いてくれて、共感してくれたり、教えてくれたり。

はてなって、ネットに詳しくてある程度賢い人しか使っていないイメージだったんですよね。
単に子育ての記録をつけたいだけ、とか、おもしろそうな記事にブックマーク付けたいだけ、の自分にはハードルが高い感じで。
でも、温かくていいじゃん、はてな、と思ってしまいました。
もっと周囲の同じ属性の人にも使ってもらいたいな、で、スターとかいっぱいあげたいな、と。

まずは、B!KUMA ガールズをすすめるところからかなー。
正直にいえば、iPhoneの画面で「ガールズ」というタイトルのアプリを使うことには抵抗があるのです。
ガールじゃないし。あれ、表示だけでもどうにかしてほしい、とおばさんは思ってしまいます。
でも、ジャンル分けされているし、楽しいよね。

あ、ワールドカフェで、リアルはてなスターの付け合いをしました。
シールと、チョコレートで。
お互いにシール貼ったり、チョコを渡したり、にこにこ。
こんなにたくさん使いきらないよね!と言いながら、たくさんスターが行き来して、しあわせ。

いちのせきさん、本当にありがとうございました。
なにより、ちょうイケメンでびっくりしました。